借り入れをまとめる

標準

いろいろな金融機関や民間の金融業者から借り入れているという方もいるでしょう。いわゆる多重債務のような状況に陥ってしまっている方もいるかもしれませんが、このようなケースだと月々の返済額だけでも相当な額になることが多いです。金利も嵩みますし、最悪金利だけ支払って元金はまったく減っていないということも珍しくありません。これだともったいないですから、カードローンで借り入れをまとめるのも一つの手です。

銀行のカードローンなら総量規制対象外ですからまとまったお金を借りることができますし、まとまったお金を借りて借入先を一つにまとめてみましょう。こうすることで月々の返済額を少なくすることができますし、金利がかさむことも防げます。毎月の経済的な負担が相当減ることになり、生活も楽になるのではないでしょうか。

消費者金融のカードローンだと総量規制がありますから、銀行のカードローンを利用するのがポイントです。銀行のカードローンなら総量規制に関係なく大口の融資もしてもらえますし、複数の借入先を一つにまとめることも可能でしょう。カードローンを上手に賢く活用することで他社の借り入れを返済し、一つにまとめて経済的な負担を軽減してください。

無利息期間がある業者

標準

カードローンでお金を借りると当然金利が発生します。これは銀行でも消費者金融でも同じですし、お金を借りれば金利が付くのは当たり前のことです。そのため、少しでも金利が安いところを選ぶというのは鉄板ですし、できれば無利息期間があるようなところでカードローン契約を結べば安心でしょう。カードローンによっては30日間の無利息期間を設定しているところもありますから、これなら借りてすぐに返せば金利が発生することもありません。

給料日前などにどうしても現金が必要になった、というシーンではとりあえずカードローンで借りて給料が入ったらすぐ返す、とすれば金利も発生しませんよね。よりお得にカードローンを利用したいのならできるだけ金利が安く、無利息期間を設定しているような業者を選ぶことが大切です。

無利息期間のあるカードローンなら、給料が入ってすぐにお金を返済すれば利息が発生しませんし、給料を少し前借したような感じになります。これなら非常にお得にカードローンを利用することができますし、賢く利用したことになるでしょう。これからカードローンを選ぶときにはなるべく無利息期間が設けられているカードローンを選ぶようにしましょう。

参考:消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト

カードローンをお得に使う

標準

銀行や消費者金融のカードローンを今現在利用しているという方も多いと思いますが、カードローン契約をしていればいざ現金が必要というシーンにおいても急場をしのぐことができます。どうしても現金が必要というシーンはいろいろと考えられますし、そのようなシーンにお金を快く貸してくれる家族や友人、知人がそばにいるとは限りません。給料日までにはまだ日があるし銀行口座にもお金が残っていない、このようなシーンではカードローンが頼もしい存在になってくれるでしょう。

現在では大手銀行や地方銀行、消費者金融などさまざまな金融業者がカードローンを扱っています。限度額や融資スピード、金利などはまちまちですから利用する前にしっかり確認する必要がありますが、一度契約しておけばあとはATMを利用して気軽に現金を借りることができますから、一枚くらいカードを発行しておいても損することはないでしょう。いざというときの保険としてカードローン契約しておくのも手です。

先ほどもお伝えしたように現在ではさまざまな金融機関や金融業者がカードローンを扱っていますし、特徴やメリットもまちまちです。カードローンをよりお得に賢く使おうと思ったらいろいろとチェックする部分もありますから、ここではそれをお伝えしようと思います。カードローンの契約をする予定がある、どこのカードローンにしようか迷っている、という方はぜひこのサイトに最後まで目を通してください。